12年ぶりに咲いた桜 セレッソ大阪の歴史

どーも!

 

今日紹介するのは、ピンクのチームカラーでお馴染み【セレッソ大阪

 

f:id:tomio0725:20170718195043j:image

 

今シーズン現在、18節終了時点でJ1首位にたっています!!

悲願の初Vもあるのでは!? と期待しているセレッソファンも多いのではないでしょうか。

 

 

そんなセレッソ大阪をキャプテンとして引っ張るのはこの人!

 

柿谷曜一朗選手!!

 

f:id:tomio0725:20170718195407j:image

 

背番号はチームのエースナンバー【

 

セレッソにとって、この背番号【 8 】

特別な番号なんですね。

 

さらっーとセレッソの背番号【 】の系譜を振り返ってみましょー

 

初代8番はあのミスターセレッソ

セレッソ大阪にとって背番号【】を特別なものにしたのは間違いなくこの選手です。

1997年〜2008年までの長きに渡り、【 8 】を背負い、「ミスターセレッソ」と呼ばれ、セレッソ一筋でサッカー選手としてのキャリアを終えた森島寛晃選手!!

 

f:id:tomio0725:20170718200614j:image

 

2002年の日韓W杯でも日本代表の背番号8を背負い、チュニジア戦では見事ゴールを決めています!

 

「モリシ」の愛称で親しまれセレッソの象徴ともいえる彼は、2008年に現役を引退し、現在はセレッソ大阪のチーム統括部でチームの強化に携わっています。

 

 

セレッソの8番から日本の10番に成長した香川真司選手!

 

森島寛晃選手の現役引退後、セレッソの【 8 を引き継いだのは、現日本代表のエース香川真司選手です。

 

f:id:tomio0725:20170718205214j:image

 

2009年〜2010年の約1シーズン半、香川選手は背番号8を背負い、55試合で34ゴールをマーク。2009年はJ2得点王に輝きました。

 

3代目は日本屈指の司令塔

 

香川選手がドイツのドルトムントに移籍後、2011年シーズンは欠番となっていた背番号【 】を2012年に引き継いだのは清武弘嗣選手

 

f:id:tomio0725:20170718205233j:image

 

ドイツのニュルンベルクへの移籍に伴い、付けていた期間は短いですが、持ち前のテクニックと正確なキック精度でセレッソの攻撃陣を牽引しました。

今シーズンは4年半ぶりにセレッソに復帰しています。ちなみに背番号は【46】です。

 

 

現背番号【 8 】はあの天才!

 

そして、4代目となる背番号【 8 】を継承し、キャプテンとして今シーズンのセレッソの躍進を支えているのが 柿谷曜一朗選手!!

 

4歳からセレッソ大阪の下部組織で育った彼は、クラブ史上最年少の16歳でトップ契約を結び、2006年のU-17アジア選手権では大会MVPの活躍で日本を12年ぶりの優勝に導きました。

 

多くのサッカーファンが彼の才能に期待をしていましたが、度重なる遅刻などが原因で当時セレッソ大阪を指揮していたレヴィー・クルピ監督に「問題児」の烙印を押され、下位クラブへのレンタル移籍を経験することになってしまいます。

 

しかし、移籍先の徳島ヴォルティスでプロ選手としての自覚、責任を学び成長した柿谷選手は、2012年に古巣セレッソに復帰。

2013年〜2014年にかけてチームのエースナンバー【 】を背負った柿谷選手は、

その後、ドイツやスイスの海外クラブでの経験を経て、2016年に再び古巣セレッソに復帰しました。

 

2016年から再び背番号【 】を引き継いだ柿谷選手は、現在セレッソのキャプテンとしてチームを象徴する選手として活躍しています。

 

ちなみに、柿谷選手の奥さんはタレントとしてバラエティ番組などに出演している丸高愛実さんです。

f:id:tomio0725:20170718210929j:image